2015年 02月 10日

放課後

放課後、嫁さんが懇談している間、ひとり廊下で撮ってました
f0335798_18291731.jpg
身近な環境から日本の自然遺産、公害や災害がテーマの学習発表はどの班もよく出来ていて
あらためて気付かされる事もあり参観できて良かったと感じました
f0335798_18291816.jpg
工業地帯に生まれ、食べる為に勤務している化学工場での生産活動
趣味遊びを通して触れてきた街や自然への想い
その狭間である種の矛盾を抱えて過ごしてきましたが
彼らの声を聴き、何を意識して日々を過ごすべきかを教えられた気がします


[PR]

by supernatural2014 | 2015-02-10 19:06 | diary | Comments(2)
Commented by hira at 2015-02-11 02:38 x
そうなんよ。
決定的に人格が形成されてない集団の中での教師の一言や、児童の素の部分は新たな発見が多いよね。
その気持ちがよく分かる。
もう7年も前かぁ~
オレも歳とるはずだな~(笑)
Commented by supernatural2014 at 2015-02-11 20:50
>hiraさん
彼らのよどみない瞳をみていると可能性を無限に感じられるだけに自然に限らずより良い環境を残したり整えていくことは我々の義務であるように感じますね。最近、弱い子供を標的にした犯罪やテロリズムが報道されていますが、強い憤りを感じます。
なんだか主旨の違ったコメントになっちゃいましたね。。


<< 市民の森      山羊 >>